ちくびが黒い、汚い(涙)ちくびの黒ずみ解消するには?胸の黒ずみその原因、治す方法は…?

ちくびの黒ずみの原因とは?

ちくびが黒ずんでいる女性は遊び人と思っている男性は未だに多いものです。彼女のちくびが黒いと性的興奮が冷めてしまうという男性もとても多いというアンケート結果も出ています。できればピンク色の乳首を保ちたいものですが、なぜちくびが黒ずんでしまうのでしょうか?

原因の一つとしてあげられるのが、加齢です。年齢を重ねるごとにお肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質とともにメラニン色素が残って肌が黒ずんでしまいます。出産・妊娠でちくびが黒くなると言われることもありますがそれも事実です。

人によって差はありますが、妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが急激に増え、これがメラニン色素を刺激して分泌を促すことでちくびが黒くなりやすくなります。また、アトピー性皮膚炎で湿疹を何度も繰り返すことによって色素沈着が起こり、ちくびが黒くなることもあります。

いずれの理由も、乳首が黒くなってしまうのは「メラニン色素」が多く生成され、沈着することが原因です。また、メラニン色素を生成しやすい体質の人もいて、もとから人よりちくびの色が濃い人もいます。

実はピンク色のちくびの方が珍しい?

ちくびが黒くなる原因はメラニン色素にありますので、体内のメラニン色素が多ければ多いほどちくびの色も濃くなります。

そのため、白人の人はちくびがピンクであることが多く、黒人の人はちくびも黒い人が多いのです。日本人はその中間の黄色人種ですが、実はちくびがピンクの人は珍しく、ほとんどの人は茶色だと言われています。私もちくびの色が黒ずんで見える気がして気になっていましたが、実は茶色が一般的な色だったんですね。

でも、加齢や妊娠で元の色より黒くなってしまうとやっぱり気になりますよね。日に焼けて肌が黒くなりやすい人となりにくい人がいるように、メラニンを生成しやすい人とそうでない人がいるため個人差がありますが、やっぱりちくびがピンク色だと若々しいイメージがあり、男性にもウケがいいのでピンク色のちくびに憧れる女性は多いと思います。では、どうしたらちくびの黒ずみを改善し、ピンク色のちくびにすることができるのでしょうか?

黒ずみのセルフケア方法

ちくびの黒ずみの原因はメラニン色素の沈着です。そのため、黒ずみを改善するためにはメラニン色素の発生と沈着を抑える必要があります。そこで効果的なのが美白成分を配合した化粧品やクリームを使うことです。すでにできてしまったメラニンを薄くし、メラニンの生成を抑える成分が入っているものを選ぶと黒ずみの改善が期待できます。また、このような化粧品を使えば病院で治療することなく自宅で簡単に黒ずみを改善できます。では、黒ずみに効果がある美容成分にはどういったものがあるのでしょうか?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果の高い成分です。メラニン色素を作り出す酵素を活性化しにくくするだけでなく、すでにできたメラニンを薄くする漂白効果まで備えています。ハイドロキノンはビタミンCやトレチノイン酸と一緒に使うことで効果が高まります。効果が高い分刺激も強いので従来は皮膚科でしか処方してもらえなかったのですが、今では低濃度でハイドロキノンが配合された化粧品が市販されています。

トレチノイン酸

肌の新陳代謝を促す成分であるトレチノイン酸。ピーリング剤のような使用感で、使うと皮膚がぼろぼろ剥がれ落ちま。肌が乾燥しやすくなったり時には赤くただれることもあるため医師の指導のもとに使用する必要があります。

ルミキシルペプチド

メラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くさせる効果のあるルミキシルペプチドは、自然由来のタンパク質なので他の美白成分に比べ刺激が少なく、ハイドロキノンのなんと17倍もの美白効果があるので今大注目の成分です。

ビタミンC誘導体

化粧品などでよく聞くのがこのビタミンC融合体ですよね。これは壊れやすいビタミンCを、安定化させたものです。メラニンを生成されにくくし、メラニン色素の還元作用まである美白成分です。しかし、肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあるため必ず保湿成分のある化粧品と一緒に使う必要があります。

ヨーグルトで黒ずみが改善する・・・?

民間療法で、ヨーグルトでパックするものがありますが、それが黒ずみにも効果があると言われることがあります。確かにヨーグルトに含まれるホエーには黒ずみ解消効果はありますがは今までに紹介した美白成分に比べると即効性期待できません。ただしヨーグルトは保湿効果が高いので、美白成分でケアした後の保湿に使うのはよいかもしれません。

皮膚科で治療する

美容皮膚科クリニックでは、レーザートーニングというレーザー治療で乳首の色を薄くする治療を行うところもあります。自宅でのケアに比べると効果が高いのですが、治療時間はほんの5分程度で入院の必要はないのですが何度もクリニックに通う必要があり、その上費用が1回2万円ほどかかってしまうのがデメリットです。

また、皮膚科で美白成分の入ったクリームを処方してもらう方法もあります。皮膚科で美白成分として処方されるのはほとんどが「ハイドロキノン」が含まれるクリームなのですが、5%濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘されていることもあり、副作用に注意が必要です。

結局おすすめのケア方法は?

予算に余裕がある方は美容皮膚科クリニックでレーザー治療をするのがおすすめですが、乳首をピンクにするために何万円もかかるのは大変ですよね。おすすめはやはり自宅でできるセルフケアです。ただし、市販されているケア商品の中には肌への刺激が強すぎるものがあり、黒ずみを直すどころが肌を傷つけてしまうものもありますので使用されている美白成分をしっかりチェックして使う必要があります。

美白成分は、先に紹介したように刺激が多いものもあり、肌を乾燥させてしまいますので、保湿成分が配合されたケア製品が理想的です。また、肌の表面にしか有効成分が浸透しないものもあるので注意しましょう。その点、ホワイトラグジュアリーはメラニン色素の発生源となる基底層という部分にまで有効成分がしっかり浸透するのでおすすめです。また、ホスピピュア(Hospipure)は美容クリニックである湘南美容外科クリニックによって研究・開発された乳首専用美白クリームなので、安心感があります。

また、ホスピピュア(Hospipure)は天然成分にこだわって作られているので肌に優しく、スクワランやシアバターを配合しているため肌を乾燥から守ってくれます。ちくびの黒ずみを指摘されて傷つく前に、ぜひケアをはじめることをおすすめします。すでに黒ずみが気になる方もすでにあるメラニン色素を薄くすることが可能ですのでぜひ試してみて下さいね。

(アクセス数No1コンテンツ)
脇が黒い、汚い、しわがある。脇の悩み解消するには?原因・治す方法
※脇以外にも肘、膝、背中、股、お尻、くるぶし、ちくびなど全身に使用できる黒ずみ対策クリーム、石鹸に関するコンテンツ。

ページの先頭へ