肘が黒い、汚い(涙)肘の黒ずみ解消するには?その原因と気を付けるべきこと。治す方法は…?

いつのまにか黒くなる肘!その原因とは?

薄着になると、どうしてもきになるのが肘の黒ずみですよね。せっかくおしゃれをして露出しても肘が黒いとそこばかりに目がいってしまいます。普段自分ではあまり見えない部分だからこそ、他の人からは目に付きやすい場所です。気持ち良くおしゃれができ、肘が気にならなくなるように、ケアをしてキレイにしたいですよね。

そこでまずは、肘が黒くなる原因をご紹介します。摩擦が肘を黒くすることは有名ですが、それだけではないんですよ。

肘をつく癖

日常生活でよく肘をつく癖がある人がいますよね。あまり問題ないと思っている人も多いですが、実はこれ、肘にはとても大きな負担になっているんです!というのも、肘の皮膚はとても薄く、デリケートなんです。しかも皮脂や汗がほとんでないので、潤いが少なく、刺激に対してとても弱いのです。

触ってみると、すぐに骨に触れられるくらい皮膚が薄いのがわかりますよね?肘をつくと腕の重さがすべて肘一点にかかってしまい、この圧力で角層がどんどん厚くなっていきます。角層が厚くなっていくと皮膚が乾燥し、色素沈着もしやすくなり、さらに肌が硬くなってしまいます。

ゴシゴシ摩擦

肘の皮膚はとてもデリケートなので、日常のちょっとした摩擦が積み重なってくすみや黒ずみの原因になります。なるべく机との摩擦をさけ、毎日着る服も化学繊維を避けてなるべく肌に優しい天然素材など肌当たりのよいものを選ぶようにしましょう。

また、洋服を着る前に肘にボディークリームを塗るようにすると摩擦を軽減することができるのでおすすめですよ!デスクワークが多い方は知らず知らずのうちに机や肘掛など常に肘がどこかに当たっていないか注意しましょう。肘と机の間にタオルやハンカチを挟むだけでもひじを保護できますので、意識してみてください。また、意外ですが、お風呂で肘を洗うときにも注意が必要なんです!

お風呂で入浴中は皮膚が柔らかくなり、デリケートな肘がよりデリケートに傷つきやすくなっています。そんなときにナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと、皮膚にとっては大打撃になってしまうんです。肘の汚れや黒ずみが気になって、お風呂でしっかり洗い流したいという気持ちはわかりますが、それは逆効果になりますので止めましょう。とにかく余計な刺激を与えてはいけません。

カサカサ乾燥

摩擦や圧と同じくらい肘の黒ずみに関係するのが乾燥です。皮膚は乾燥すると保護する力が弱くなります。つまり、ダメージを受けやすくなってしまうのです。この状態で摩擦や圧などのダメージを受けると、色素沈着がすすんで肘が黒ずみ、しかもそれが治りにくくなってしまいます。肘や膝や他の部分よりももともと皮脂腺や汗腺が少なく、乾燥しやすいところですので、しっかりケアしないと乾燥してしまいます。意識して保湿する必要があります。

肘の黒ずみを自宅でケアするには?

肘を汚さないためには肘が黒ずむ原因である肘をつく癖や日常生活での摩擦、乾燥に注意すればいいのですが、すでに黒くなってしまったひじはどうやってケアしたらよいのでしょうか?

もし症状があまりにひどく、何をやっても治らない場合や症状が長期間にわたる場合、かゆみや発疹がひどい時には皮膚科を受診する必要があります。まれに、なんらかの病気が関係していることがあるからです。しかし、ほとんどの場合は自宅でのケアでよくなりますので、ホームケアの方法をご紹介します。

湯船にしっかりつかる

毎日シャワーだけで済ませてしまう人は多いですが、ゆっくりと湯船に浸かることで硬くなった肘の皮膚を柔らかくすることができます。お風呂に入って皮膚を柔らかくしてから、お風呂上りに専用のクリームやジェルでケアすると、有効成分を効果的に皮膚に届けることができます。

また、入浴は全身の血行をよくする働きもあり、肘以外にも全身の色素沈着を解消する助けにもなります。血行を促進して新陳代謝をたかめ、肌のターンオーバーを促すのです。皮膚の奥に溜まったメラニン色素を体の奥から排出しましょう!

重曹でマッサージ

肘は乾燥や摩擦で角質がとても厚くなってしまっていることが多くあります。この状態だと、美容液やコスメを使ってもなかなか皮膚の奥まで浸透せず、おもうように黒ずみケアをすることができません。そこで、重曹をつかって角質ケアをすることがオススメです。

お風呂にはいって角質を柔らかくした後に、料理用や薬用の粒子が細かい重曹を水やオリーブオイルで溶いて肘に馴染ませましょう。この時、ゴシゴシしないように注意してください。優しくマッサージするように肘になじませてからぬるま湯で流します。

角質は時間をかけて厚くなるので、一回のケアで一気に角質を取ることはできないので、一週間に1度くらいのペースで続けましょう。こうすることで、肘の角質がとれて皮膚が柔らかくなり、黒ずみやくすみが改善されたり、ケア用品が皮膚に浸透しやすくなります。

しっかり保湿!

自宅でできる肘のケアで一番大事なのが保湿です!お風呂に入って重曹でマッサージを行った後は、なるべく早く保湿を行いましょう。特にお風呂上がりの肌はすぐに乾燥してしまうので、急いでケアする必要があります。クリームやジェルは自宅にあるものでもいいのですが、肘や膝などの黒ずみ・角質ケアコスメを使うことがオススメです。

肘・膝の専用クリームやジェルは保湿成分はもちろん、美白成分や肌のターンオーバーを促す成分が入っていたり、保湿と同時ににおいケアができるものがあるので一石二鳥で肌をきれいにし、様々なトラブルを一気に解消してくれます。口コミでも大人気のアットベリーはプラセンタをはじめ5種類もの美白成分をたっぷり含んでおり、さらにセラミドをはじめとする6種類の保湿成分もたっぷり配合しています。

さらには抗炎症効果・肌荒れ防止効果・新陳代謝の促進効果のある5種類の植物成分も配合しています。女性の悩みである皮膚の黒ずみやぶつぶつの解消を目指して作られた製品なので、肘の黒ずみにピンポイントで効かせることができます。そのほかにもロコシャインは全身の黒ずみケアに使え、透明でベタつきがないので、クリームのベタベタが苦手な方も気持ち良く使う事ができます。

肘は毎日ダメージを受けているので、毎日ケアを行う必要があります。お風呂に入った後には忘れずに保湿するようにしてくださいね!専用のケア製品を使うと、保湿だけでなく、すでに黒ずんでしまった肘もケアすることができるのでおすすめです。

(アクセス数No1コンテンツ)
脇が黒い、汚い、しわがある。脇の悩み解消するには?原因・治す方法
※脇以外にも肘、膝、背中、股、お尻、くるぶし、ちくびなど全身に使用できる黒ずみ対策クリーム、石鹸に関するコンテンツ。

ページの先頭へ