肘の黒ずみは半そでになると目立つものです。曲げている時にはなんでもなくても、いったん伸ばした肘が黒っぽいと千年の恋も冷めてしまいますのでちゃんとケアしたいです。最近はしっかりケアしている人とあまり頓着していない人とに分かれるようですが、個人的にはケアしたほうが美しいと思います。少し前なら垢すりで擦ったり肘をつかないようにしたりが精いっぱいでしたが、ゴマージュが発売されたくらいからいろいろな肘ケアグッズが出てきました。

私は色素沈着に対して摩擦を加えることは逆効果だと考えているので、ゴマージュを行うのは月に2回から3回程度にとどめていますが、すごい友人は毎日のようにジェルで肘をコロコロとしていました。肌が強い人はそれでも大丈夫かもしれませんが、女性の皮膚は弱いものなので、擦ることはお肌と相談してください。

たまに黒ずみではなく垢が取れていないという人もいるので、こういった人にはゴマージュや垢すりは有効だと思います。しかし普段からケアしているのになかなか黒ずみが取れないという人は、思い切って一度エステに行って、綺麗にしてもらってから自分でケアをしてもいいかもしれません。

プロの技は素人ではどうしても真似できないものも多いですし、どうケアしていいかわからないという人にもおすすめです。それでも、やはり長い年月付き合っていくものですから、自分でのケアを考えて習慣化していくといいと思います。

外国人の女性はハーブを使って毛穴を広げ、ゴマージュの効果を上げたりもしています。ちなみにその女性が使っているのはタイムというハーブで、小さなお料理ボウルにお湯を張り、そこに乾燥させたタイムを10g入れてゴマージュしたいところを10分から15分ほどタイムの蒸気にあてるというものです。毛穴の汚れが浮き出るらしく、その人はプルプルできめの細かい肌をしています。このやり方は肘以外でも使えるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

(人気コンテンツ)
肘が黒い、汚い(涙)肘の黒ずみ解消するには?原因・治す方法