いつの間にか20歳を過ぎたころから肘の黒ずみが気になるようになりました。全体的なクスミにも悩まされていましたがやはり辛いのは目立つ場所です。肘は冬場は良いですが夏場は必ず出す場所ですし自分よりも人目に付きやすい場所です。

私の場合は、会社勤めをしていて制服を着用していましたが夏場は半袖で更に仕事内容がデスクワークで計算やパソコンを一日打つような仕事だったので肘もかなりデスクにこすれて摩擦が掛かっていたと思われます。肘が黒くなる原因は、摩擦、圧力、刺激と言われているのでまさにその全てが肘に影響を与えていたのだと思います。

その後あまり気にしていない時期がありましたが、会社の隣の人が良く見ている人になった時にその人(男性)から、肘がカサカサでやばいよ、と指摘されました。良く見てみると確かに乾燥でガサガサなうえに黒ずみが以前より悪化しています。女性としてこのままではいけないと思いましたが肘のカサカサの対策法なんて思いつきませんでしたが、ネットで調べると重曹で優しくこするなどと書いてあったのでしばらくそれを続けて終わった後は保湿として化粧水と乳液を付けるというのを2週間くらい続けました。

すると、乾燥はかなり無くなってガサガサは薄れましたが黒ずみは取れません。そして思い出したのが、以前使っていたばんのう酵母くんという酵母などを原料にした美容院から口コミで広がっていった商品の事です。私は、とあるエステでそれを勧められて一本500円で凄く長持ちするので顔や目薬として使っていました。何でも万能に効果があるという口コミだったのでそれをしばらく水で薄めてスプレーに入れて肘に気が付いたかけていました。

すると、3日位たった時に少しだけ色が薄くなっている様な気がしました。このまま続ければかなり効果が出ると確信して保湿はしつつばんのう酵母くんは、ずとスプレーしていました。今では、少しだけぼつぼつが手に触れる事がありますが半袖を着ても恥ずかしくない位色はなくなりました。肌の生まれ変わりが促されたのかなと考えています。

(人気コンテンツ)
肘が黒い、汚い(涙)肘の黒ずみ解消するには?原因・治す方法