ひじの黒ずみがひどくて長く悩んでいます。もともと肌が弱いので、ひじに限らず刺激が加わると皮がむけてしまうことが多いため、そういった刺激が加わりすぎると黒ずみとして残ってしまうようです。足の裏などもよく皮がむけてしまうのですが、特に水虫などではないけれど、原因不明で皮がむけてしまうと皮膚科で言われていました。そのため対策も難しく、保湿クリームを塗っているのですが一向に良くなりません。

特にひどくなるのが半袖などを着用する機会が多くなる時期になるとひじが外に出やすくなるため、皮がむけやすくなります。直接多くの刺激を受けてしまうことが原因のようです。クリームを塗っていてもこの時期はどうにもなりません。見た目がぼろぼろで汚いのですが、それが治ってもあざのような黒ずみが残ってしまい、その後ずっと残ってしまいます。消えようとする時期にさらなる刺激を与えてしまうことになるためか、これまでの人生で肘が綺麗だった時期がありません。現在もがさがさとして黒ずんでいます。

少しでも良くなればと思いいろいろなクリームなどを試してみましたが、ほとんど効果を感じませんでした、それでもやってみる価値はあるかと思い、いまだにいろいろと試してみています。顔に付ける化粧品をついでに付けるのが一番状態が良いようで、毎回続けています。それで少し荒れている部分は収まるのですが、黒ずみ自体はなかなか良くなりません。美白化粧品なども今度使ってみようと思っています。

まずはひじの荒れを作らないことが重要だと考えています。皮膚科でもこうした点については効果のある対策がしづらいので、やはり日々の暮らしの中で出来ることを続けていくことが大切なのでしょう。その点でいえば顔や他の部分のスキンケアを肘にも広げていくというのは負担感が少なくできる対策だと思います。これから毎日続けていくことによって、ひじの黒ずみが少しでも薄くなっていけばよいと考えています。

(人気コンテンツ)
肘が黒い、汚い(涙)肘の黒ずみ解消するには?原因・治す方法