世の女性たちが意外と気づいていないけれど見ている人は実は見ている、というのがくるぶしの黒ずみではないかと思います。私はけっこうアグラを掻いてしまったり、腰痛対策として長いこと正座で生活していたため、気が付くと自分のくるぶしは友人に「大丈夫ですか?」「怪我した?」と聞かれるレベルで黒ずんでしまっていました。

確かに横の女子と比べると私のくるぶしは直径10センチくらいが殴られたように真っ黒でした。はじめはなぜそんなところが黒くなるのかまったくわからなかったのですが、ある日アグラをやめた瞬間に「あ、これが原因かもしれない」と不意に感じ、インターネットで調べたり自分の生活での姿勢を考えるようになって、これが座り姿勢での色素沈着であることに気が付きました。

人が色素沈着に気が付くまでには段階があって、まずは自分のくるぶしが色素沈着を起こしているということに気が付くことから始まります。意外と最初のこれが気づかないものなのです。日々の生活で徐々に積み重なっていく色素は結構盲点です。そして気が付いたならば原因を見つけなくてはなりません。

私の場合は座り方でしたので、そこを改善しました。改善していく中でクッションに凝ってみたり椅子を愛用したりと、少しづつですが、床に座る日本的な生活から離れていきました。これが実は一番くるぶしの黒ずみを予防できる方法でした。海外の人たちは正座をしないというのは有名です。だから足が長いともいわれています。しかし私はそこではなく、彼女たちのくるぶしの綺麗さに着目しました。なぜ彼女たちは足がきれいなんだろうと考えて真似をしていったのです。

くるぶしの黒ずみを取りたい方は、絶対に椅子で生活をしたほうがいいです。垢すりで落としたり、化学薬品で除去したりもいいのですが、お金も労力もかけずに黒ずみがいつの間にかなくなるのは、くるぶしに摩擦を与えない欧米的な椅子での生活しかないと思います。

(人気コンテンツ)
くるぶしが黒い、汚い(涙)くるぶしの黒ずみ解消するには?原因・治す方法