股が黒い、汚い(涙)股の黒ずみ解消するには?股ずれが原因?治す方法は…?

股の黒ずみやニキビが気になる!

股(ビキニライン)やデリケートゾーンが黒ずんでいると、お風呂やトイレなどふとした瞬間に気になってしまいますよね。かゆみが出たりして下着と擦れてしまってもっと黒ずみが酷くなることもあります。股やデリケートゾーンは誰でも黒ずむ可能性があるところですが、実は股が黒ずんでいる女性は「今まで結構遊んできた?」と感じる男性がとても多いというのです。

全くそんなことはなくても、ビキニラインが黒ずんでいると異性に対して積極的になれない人も多いですよね。子供の頃はまたに黒ずみがなかったのに、どうして年をとるにつれて黒ずみが出てきてしまうのでしょうか?また、黒ずみだけでなく、股にできる吹き出物やニキビもやっかいですよね。もちろん見た目も悪く、気分も落ち込んでしまいます。実は、黒ずみとニキビは同じ原因だったんです!

股やデリケートゾーンが黒くなってしまうのには主に3つの原因があります。それぞれの原因と治す方法をご紹介します。

下着や洋服による摩擦

肌は、刺激を受けることでメラニンを生成することを知っていますか?刺激から肌を守るために防御反応でターンオーバーを早くして角質が厚くします。股やデリケートゾーンはとても繊細なので、下着のゴムの部分が歩くたびに擦れたり、タイトな服を着た時に肌と擦れるなど、日常のちょっとした刺激が黒ずみにつながります。

この、摩擦による色素沈着はシミが深い部分にできるので、色素が肌に定着してしまい、改善にとても時間がかかります。角質層が厚くなると、肌が角質によって黒ずんだり、くすむというような現象が起きることもあります。この、股(ビキニライン)の黒ずみを解消するには、特別にケアをする必要がありますが、黒くなる前に予防する方法はいくつかあります。

まず、下着は肌と擦れても痛くないような天然素材のものを選び、タイトなジーンズなど体にぴったりとフィットする服は着ないように気をつけましょう。特に、股ずれなどが頻繁に起こる服は着ないようにしてください。また、ランニングするとき・自転車に乗るときなど足を動かすスポーツをするときには特に摩擦に注意して、ビキニラインが刺激を受けにくい服装を心がけてください。

かぶれや炎症

ビキニラインはとてもデリケートなので、生理用のナプキン・ムダ毛処理・刺激の強いボディークリーム・汗やおりもの・ニキビや吹き出物によってかぶれや炎症が起こることがあります。このように肌に炎症が起こると、その部分に色素が沈着することがあります。

肌がかぶれたり炎症するとかゆくてかいてしまいがちですが、掻いた刺激でもっと色素沈着がひどくなるので、かゆみどめの薬を活用してかゆみを抑え、治るまで触らないようにすることが重要です。

ホルモンバランス

女性は妊娠・出産でホルモンバランスが乱れたり、ストレスや生活習慣の乱れでホルモンの分泌が乱れることがあります。このようにホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの働きが悪くなって肌が硬くなり、新陳代謝が低下して肌に角質がどんどん溜まっていってしまいます。

ビキニラインだけでなく、顔や体に色素沈着してしまうこともあります。妊娠・出産による黒ずみは出産後にホルモンの分泌が正常に戻れば色素沈着が落ち着き、黒ずみも数ヶ月で消えるのでそれほど心配は要りませんが、生理不順によって色素沈着の心配がある人はまず自分で基礎体温をつけてみて、少しでも異常があるようなら婦人科を一度受診してみることをお勧めします。

また、ホルモンバランスが乱れると股やおしりのニキビにつながることもあります。女性ホルモンの分泌が少なくなって男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂分泌が促進されて皮脂分泌過剰になり、毛穴のつまりが引き起こされます。そこで炎症が起き、ニキビや吹き出物の原因になるのです。ホルモンバランスを整えるためにはなにが必要なのでしょうか?

睡眠

まず第一には睡眠をしっかりとることです。睡眠中には女性ホルモンの一部が分泌されますので、疲労回復や新陳代謝の促進、体の疲れの修復や再生などが行われます。しっかり睡眠をとるようにしましょう。

食生活の改善

肉中心の食生活を続けていたり、コンビニ弁当や冷凍食品ばかりを食べていると必要なビタミン・ミネラルなどの栄養素が摂れずにホルモンバランスが乱れる直接的な原因になります。特にビタミンB6やビタミンEは女性ホルモンの分泌を促す作用があるので積極的に摂取するようにしましょう。

運動不足解消・脳を休ませる

適度な運動は血流の流れを良くし、自律神経を整え、ホルモンバランスを正常にします。激しい運動ではなく、ウォーキング程度の軽い運動で構いませんので、できれば毎日続けるようにしましょう。

また、ホルモンバランスは脳の影響を受けやすいので、脳がストレスを感じないよう、好きなことをしたり、ゆっくり過ごしたりして脳を休めてあげましょう。

すでに出来た黒ずみはホームケア!

今までご紹介した原因と解決方法は、すべて股の黒ずみやニキビの予防方法でした。では、すでにビキニラインの黒ずみや吹き出物に悩んでいる女性はどうしたらいいのでしょうか?まずはこれ以上悪化させないよう、避けられる摩擦や刺激を避けましょう。

そして、色素沈着や肌荒れを改善させる効果のある股・ビキニライン・デリケートゾーン専用のコスメや石鹸を使うことをお勧めします。例えば美容ジェル、ピーチローズなら高い保水力のある超・低分子ヒアルロン酸を配合しているので、すでに硬くなってしまったビキニラインの角質に潤いを与え、肌をやさしく整えながらメラニンを含む古い角質をケアします。

また、コアソープなら3大美容成分と呼ばれているプラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンを豊富に含んでいるので、肌に潤いを与え、メラニンの生成・色素沈着を防ぎ、代謝まで活発にしてくれます。それだけでなく、美白・肌荒れ防止効果・嫌なにおいケア・アンダーヘアのごわごわまで改善してくれるという優れものです!このように、すでに黒ずみが気になる方はおうちで黒ずみケア商品を使ってケアを始めてみることをお勧めします。

ひどい場合はクリニックで診察を!

長年蓄積された黒ずみがひどい場合や、ニキビや吹き出物が膿をもっている場合、ホームケアで治らないがんこな黒ずみに悩んでいる方は一度クリニックや皮膚科で診察してみることをお勧めします。

メラニン生成を抑制し、漂白効果のある外用薬や、抗酸化作用がつよいビタミン類などの内服薬を処方してくれるようです。

(アクセス数No1コンテンツ)
脇が黒い、汚い、しわがある。脇の悩み解消するには?原因・治す方法
※脇以外にも肘、膝、背中、股、お尻、くるぶし、ちくびなど全身に使用できる黒ずみ対策クリーム、石鹸に関するコンテンツ。

黒ずみ子の商品購入レビュー・体験談(股の黒ずみ編)

黒ずみ子

ここからは私、黒ずみ子が、股の黒ずみ対策クリームや石鹸を実際に購入してみて、レビューしているコーナーですヨ。

股の黒ずみの色素沈着を治すクリームのオススメを試してみよう!!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの箱顔とかにあるシミや黒ずみであれば気軽に相談できるけど・・・股の黒ずみって、ちょっと恥ずかしくて友達には相談できないですよね。

だから一人で悩んでいる人も多いんじゃないかな?実は私もその一人です。

私の場合は、股の中でもビキニラインが気になっています。

ちょうどショーツが当たる辺りって黒ずみやすいですよね。他には自分では見ることができないけど、温泉に行った時に見られやすいお尻(尾骨付近)が気になっています。

そこで今回試してみたいと思ったのが、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームです。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームってどんな黒ずみ対策クリームなの?

ハーバルラビットゲルクリームのウサギのパッケージこれが実物のハーバルラビットナチュラルゲルクリームなんですが、チューブのデザインを見てください!!ウサギさんがいてとってもカワイイでしょ!!

このデザインであれば、友達や彼氏に見られたとしても股の黒ずみ対策クリームとは誰も気づきませんよね

香りは、フローラルでほのかに香ります。強すぎない香りなので、香りに敏感な私でも使えるので、強い香りが苦手な人にもオススメできます。

メラニン色素沈着抑に有効な「水溶性プラセンタセキス」が入っており、様々な黒ずみの原因をケアしてくれます。

肌のターンオーバーを正常化するのに有効な、保湿成分と美白成分(プラセンタやビタミンC誘導体など)がたっぷり入っています。

また、石油系界面活性剤・シリコン・着色料は入っていないので、敏感肌の人や赤ちゃんでも使えます。

そのほかにも、抗炎症や引き締め効果などもあるので、万能アイテムと言えます。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを実際に使ってみます♪

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを本日より使い始めます

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを手に取ったところハーバルラビットナチュラルゲルクリームを手に取ってみました。

ゲルクリームというだけあって、中のクリームは半透明です。

またクリームのようにべたつかず、感触としてはゲルに近いのでサラッと塗ることができるので塗り心地がとても良いです。

1日2回(朝晩)、自分の気になる黒ずみ部分に塗るだけなので、面倒くさがり屋の人でも続けることができると思います。




手の黒ずみ(クリーム塗布前)一番気になっているのは、股の黒ずみなのですが写真をアップすることができないので、腕の黒ずみで検証したいと思います。(写真のど真ん中辺りに黒ずみがあります)

また見せることはできないけど、一番気になる股の黒ずみにも塗っていきたいと思います。

ページの先頭へ