お尻が黒い、汚い(涙)お尻の黒ずみ解消するには?原因は?おしりの黒ずみを消すには?

おしりの黒ずみや汚れが気になってきた!

おしりの黒ずみって自分ではあまり見えないところですが、一度きになると思い出すたびにテンションが下がりますよね。

普段は見えないところですが、海やプールで水着を着た時や温泉などで目立つ部分なので、女性ならいざというときのためにきれいにしておきたいですよね。おしりまできれいだと、お風呂に入るたびに自分の気持ちまで上がります。そこで今回は、おしりが汚れる原因となる吹き出物や黒ずみの原因とその予防法・治し方をご紹介します。

おしりの黒ずみの原因は一つではない!

おしりのトラブルや悩みで一番多いのが黒ずみです。以前は気にならなかったのに、気づいたら黒ずんでいた!なんていう女性もおおいですよね。実はおしりの黒ずみの原因になることはとても多いので、知らず知らずのうちに黒く汚れてしまうのです。

また、黒ずみとざらつきの原因は似ているので、黒ずみがきになるかたはおしりがざらついていることが殆どです。おしりの黒ずみとざらつきの原因とは何なのでしょうか?

下着や洋服による摩擦

おしりの黒ずみの原因で一番おおいと言われているのが下着や洋服の摩擦です。肌が黒ずむ原因はメラニン色素が沈着してしまうことなのですが、肌は摩擦を受けたりダメージを受けることでメラニンを生成するのです。下着はほとんど一日中身につけるものなので、ただ身につけているだけでもおしりに相当の刺激を与えています。

座っているだけでもおしりにはつよい刺激がかかっているので、下着の締め付けがあると尚更です。締め付けのきつい下着やナイロンの下着は摩擦が起きて肌が傷つきやすいので、なるべく締め付けの弱い下着、天然素材の肌触りがいい下着を着用するようにしましょう。こうすることで、摩擦による色素沈着やくすみを防ぐことができます。また、タイトなジーンズもおしりに摩擦を与える原因になりますので、なるべく肌を締め付けない洋服を着ることも重要です。

ホルモンバランスの変化

若い時は黒ずみなんか気にならなかったのに、年齢とともに黒ずみが目立ってきたと感じる方は、ホルモンバランスの変化のせいかもしれません。お肌のトラブルはホルモンバランスと密接な関係があることが殆どですが、妊娠・出産・ストレス・加齢などが原因でホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーが崩れてメラニンの色素沈着が出来やすくなったり、肌が黒ずむとなかなか治りにくいということが起きたりします。

加齢によるホルモンバランスの変化を予防することは難しいですが、バランスのよい食生活や規則正しい生活を送るだけでホルモンバランスは良くなります。ストレスも溜め込まないように注意しましょう。

ターンオーバーの乱れ

肌がダメージを受けてメラニンが発生してしまっても、肌のターンオーバーが正常に行われていれば多少のメラニンはしっかり排出することができます。しかし、乾燥や摩擦で刺激を受けている肌はターンオーバーのサイクルを早めすぎて角質を多く生成します。

これを「過角化」と言います。角質が厚くなると、それによって肌が乾燥しやすくなったり、くすんで見えたりするだけでなく、古い角質と共に排出するはずのメラニンが蓄積され、沈着してシミになることもあります。

吹き出物・ニキビの原因

おしりが汚くなってしまう原因は黒ずみだけではありませんよね。ニキビや吹き出物で悩んでいるかたも多いと思います。おしりは実はもともと角質が厚く、皮脂分泌が多い部分です。そのため、何もケアしてないと毛穴に古い角質や皮脂が溜まってニキビが出来やすい場所なのです。

それだけだなく、おしりは座っている間は常に体を支えており、つよい圧を受けているので、一度吹き出物やニキビができると治りにくい場所でもあります。おしりは常に衣服で覆われていて通気性が悪く、清潔に保つことが難しい部位なので、ケアせず放っておくとちょっとしたホルモンバランスの変化や食生活の変化で簡単に吹き出物ができますので、普段からケアする必要があります。

黒ずみや吹き出物の解消方は?

摩擦やホルモンバランスの変化・ターンオーバーの乱れなど、黒ずみの原因に注意すれば、黒ずみを予防できることはわかりましたが、すでにできてしまった黒ずみやニキビなどの吹き出物はどうやってケアすればいいのでしょうか?

皮膚科でケア

黒ずみができて何年も経ってしまっていて、自宅でケアするのが難しいほど悪化しているばあいには、一度皮膚科やクリニックで診察してもらうことをお勧めします。効果のつよい内服薬や外用薬を処方してもらえることがあります。また、一部のクリニックではレーザーによる治療も行っていますので、しつこい黒ずみに悩んでいるかたは一度相談してみるのもいいかもしれません。

また、ニキビの炎症がひどかったり、何度も同じ場所にできてしまい、なかなか治らない時も一度皮膚科で診てもらうことがお勧めです。しかし、皮膚科で処方されるくすりは副作用があったり、レーザー治療は高額であることがほとんどなので、症状が軽い場合やはじめは自宅でのホームケアがオススメです。

おしり専用ケア製品でホームケア!

おしりの黒ずみやニキビはお風呂上がりにクリームを塗って保湿するだけでケアすることができますが、どうせケアするなら黒ずみや汚れに効果的なケアをしたいですよね。そんな人にお勧めなのが、おしり専用ケア製品です。たとえばフェアリームーンなら朝とよるに別々のケアをすることで日中はおしりへの刺激からおしりを守り、夜は皮膚のターンオーバーを助けて黒ずみをケアし、ぷるぷるの綺麗なおしりを目指すことができます。

おしりを内側からふんわりさせる高級美容成分である酵母エキスや、みずみずしい肌にするためのバリア成分、20種類の植物エキスを配合しています。それだけでなくマッサージジェルとしても使えるので、お風呂上がりの柔らかくなった肌に塗るだけで、黒ずみがない透明な肌・ブツブツがない肌に近ずくことができます。

また、 SIAQL(シアクルスベリージュ)は角質をその場でポロポロと落とすことができるので、即効性が期待できます。美容液にも使われるようなうるおい成分をたっぷり配合していて、美白効果のある水溶性プラセンタまで含まれていて、ニキビを防ぐグリチルチリン酸2Kまで含んでいますので、様々なおしりのトラブルにこれ一つで対応することができます。このほかにもおしりのケア製品はたくさんありますので、自分にあったものを探してみてください!

(アクセス数No1コンテンツ)
脇が黒い、汚い、しわがある。脇の悩み解消するには?原因・治す方法
※脇以外にも肘、膝、背中、股、お尻、くるぶし、ちくびなど全身に使用できる黒ずみ対策クリーム、石鹸に関するコンテンツ。

ページの先頭へ