背中って意外と洗いにくいところではないですか?お風呂に入った時に、タオルを伸ばした状態で後ろに回し、それで一生懸命にこする、または長い柄のボディーブラシでこするという方法くらいしか洗う方法はないと思います。

私は長いタオルを使って長年背中を洗ってきましたが、娘に肩甲骨の下の部分が黒いと言われたことがあります。鏡で見てみると自分ではっきりよくわかりません。しかし他人が言うのでそうなんでしょう。また子どもなので嘘ではない可能性が高いです。自分で触っても見ました。しかし別にブツブツがある訳でもなく、皮膚が肥厚しているという感覚もありません。

そこで私は肩甲骨の下の部分は、手を回した時の角度によって浮いたり、平面になったりするので、そこの部分の汚れが取れていないのでないかと考えたのです。それからまず私は体をこするタオルを変えてみようと思い、韓国の垢すり用のタオルを購入しました。手にはめて使うグローブ用の垢すりタオルを使用した経験はあったのですが、実はこのタオルはとても垢を落とすのに優れています。特に体をよく温めた後には、垢が落ちやすくなるので、こするとポロポロと古い角質が浮いてくるのですね。また細い産毛が一緒に抜けてしまうので、その部分の肌がきれいになるという効果が出るのです。

それを期待して一週間続けてみることにしました。はじめの2日間は、とにかく体を温めて垢を落とすことに集中しました。背中の部分は決して落としやすいとは言えませんでしたが、でも30分浴槽につかって、それからこすると随分効果が現れましたね。そしてちょうど一週間が過ぎる頃、その部分の肌がきれいになったなあと感じたのです。娘に見てもらっても、きれいになっているということで、垢すりタオルの効果が出ていたのです。

結局私の背中の黒ずみは、垢の汚れによる物でした。それからはその部分に汚れが残らないように注意をしています。そのために今のところ黒ずみはなく経過しています。

(人気コンテンツ)
背中が黒い、汚い(涙)背中の黒ずみ解消するには?原因・治す方法